鏡で顔をチェック

やってはいけないこと

洗顔

敏感肌の人は、スキンケアを行なうことにとても注意する必要があります。
しかし、どんなことを行なってはいけないのか気になるところでしょう。では、敏感肌でやってはいけないことを紹介します。

まずは、クレイジングのことです。クレイジングは、メイクを落とす為に必要なことになります。
その為、毎日メイクする人はクレイジング剤を利用していると思いますが、実はこれが一番肌に負担を与えている可能性が高いのです。
どうして負担を与えているのかといえば、このアイテムはメイクや汚れだけではなく肌に必要なものまで奪ってしまいます。その為、肌の表面から水分を奪ってしまいますし、必要な皮脂も奪ってしまいます。
そうなれば、肌荒れになる原因となってしまいます。ですから、敏感肌の人はクレイジング剤を使用し過ぎないというのが大事です。
しかし、それでも毎日メイクする人からすればこのアイテムは利用するでしょう。そういった人は、ポイントで落とせるリムーバーなどがお勧めです。
濃いメイクを行なっているのなら、落とさないと負担になりますので濃い部分だけしっかりと落とせる製品を利用します。他のところは、肌に負担がかからないものを利用するといいでしょう。

次は、洗顔料です。洗顔は、クレイジング剤を肌に残さないようにする他に汚れや古い角質を除去しやすく肌の環境を整えてくれます。
その為、毎日行なう必要はありますが、過剰に洗顔してしまうことは敏感肌にとって負担でしかありません。
ですから、敏感肌の人は十分に泡立てたきめ細かい泡で洗うことをお勧めします。きめ細かい泡は、敏感肌などの肌が弱い人にとって一番良い状態です。
泡は、肌に乗せるだけでも汚れを浮かす効果がありますので、洗顔する時は十分に泡立てて行なうことをお勧めします。